質屋で利用できる品物~一般

一般的に、どこの質屋でも取り扱いをしている品物をご紹介します。

とはいえ、どんな品物をとり使うかは、質屋によって大きく異なります。

ですから、初めて利用する質屋の場合は、事前に連絡するか、ホームページなどで確認してから出かけましょう。
(関東なら須賀質店がおすすめ…http://www.sugashichiya.com/)

● 地金
地金とは、金やプラチナのかたまりのようなものを指します。
具体的には
・インゴットバー
・コイン
・石のついていないリングやネックレス
・金歯
これらは、歴史的にも質屋での取り扱いが長く、価格も安定しているため、最も取引しやすい品です。
査定額は、貴金属の量です。
ですから、壊れたものや、欠けたものなどでも歓迎されます。
※めっき製品は、地金とは言いません。

● ダイヤモンド
ダイヤモンド査定額は、4つの指標によって決まります。
・カラー(色)
・クラリティ(透明度)
・カット(形)
・カラット(重さ)
わかりやすくいえば、大きさ、透明度、輝きがポイントになるのです。
鑑定書があると、品質についてわかりやすく正確な情報が得られるため、査定額が高くなります。

● 色石
宝石の事です。

● ブランド品
ジュエリーも、ブランド品である場合はこのカテゴリーになり、査定も重さではなくデザイン性が重要になります。