質屋で買い物をしよう

質屋に預けていた品物を、何らかの理由で受けだしに来なかった場合に、その品物は「質流れ品」となります。

この質流れ品は、通常、質屋の店頭で販売されます。

これが、非常にお買い得なのです。

新品同様のブランド品が、定価の2割程度で売られていたり、すぐに使える状態の高級時計に、破格の値段はつけられていたりします。

もともと、質屋は「質流れ品」ではあまりもうかりません。

預かった品を保管して、その保管料を納めてもらうというのが最も稼げる手段なのです。

請け出しに来る人は、8割を超えるそうですから、保管料で稼ぐという形は成立していますが、時々、そういった「品物に見切りをつける人」というのがおり、その場合は販売に踏み切ることになるというわけです。

ですから、メインの商売としてではなく、結果的に売ることになるのが「質流れ品」であり、その為、非常にお買い得であると言えます。

リサイクルショップなどで買うよりも、ずっと安く変えるというのが当たり前です。

しかし、品物の供給は安定していません。

だからこそ、暇なときにはちょっと質屋をのぞいてみる、という事をしていると、思わぬ堀出し物に出会えるかもしれません。